必要なもの

合宿免許の場合、必要なものがいくつかあります。

申し込み用紙(案内書)と身分証明書(パスポートや保険証、あれば運転免許証など)、発行された日が三カ月以内の住民票(本籍地が入っているもの)、シャチハタ以外の印鑑、健康保険証です。(外国籍の方は、外国人登録証明書か在留カード、特別永住者証明書、パスポート、健康保険被保険者証のどれか一つを用意してください)。
また、教科書が数冊入れられるバッグと筆記用具。動きやすい靴と動きやすい洋服。眼鏡が必要な方はそれと、ハンカチティッシュ、おふろセット、洗面用具、メイク用品などです。
また、数週間と長期間滞在することになりますので、必要であれば薬もあった方が安心。着替えやパジャマ、洗濯セットも。女性は生理用品も持って行く方が安心です。この他にも、必要だと思うものがあれば持参するようにしましょう。

合宿免許の場合、気になるのが部屋タイプかもしれません。中には、お友達と一緒に申し込む方もいると思いますが、一人で申し込みをする場合など個室が良いと思う方もいるでしょう。もちろんそれが可能な合宿免許もありますのでチェックしてみてください。

この他にも、環境にこだわりたい方や食べ物にこだわりたいといった希望に合った合宿免許もありますので、自分が良いと思うところを見つけてください。

デメリットはあるの?

合宿免許は、費用面を見ても時間的に見てもメリットが小さくはない方法だと言えるでしょう。宿泊しながら短時間で集中しながら免許取得を目指せますので、多くの方がそこに魅力を感じるのではないでしょうか?しかしながら、デメリットもあります。

一つは、自分が運転しない道を走りながら免許取得を目指す為、場合によっては実際に運転する時に戸惑うことも考えられます。例えば、地方のあまり交通量の多くないところで免許を取得し、都会に帰って運転しようと思ったら、戸惑うことが多いかもしれません。また、地域によって違いも色々ありますので、そこで迷うことも考えられるでしょう。

他にもあります。大学生などが申し込むことが多いので、長期休みに集中しやすい傾向があります。その為、注目されているような合宿免許は、早めに定員いっぱいになってしまう傾向があります。ですから、既に申し込みたい合宿免許がある方は、早めに申し込むことをお勧めします。

合宿免許の場合、一日中みっちりと学ぶことになります。それがメリットでもありデメリットとも言えるかもしれません。中には拘束時間が長いことが大変だと感じる方もいるようです。しかし、そこが良いと感じる方ももちろんいます。

メリットについて

自動車学校に通う方法と合宿免許で免許取得をする場合とを比べた時、どちらにもそれぞれメリットがあります。合宿免許を選ぶ最大のメリットは、短い期間で集中して免許が取れることです。中には、2週間程度でそれが可能なところもあります。

自動車学校に通いながら免許を取得しようと思ったら、個人差はありますが数か月必要になることがほとんどです。また合宿免許の場合は費用が休めであることも魅力です。自動車学校に通う場合は、他に自動車学校に通う他にも電車やバスなど通学にかかる費用も必要になってくることがありますが、合宿免許の場合はそれも不要です。費用の中には、宿泊費や食費なども含まれています。他にも、追加教習が必要になった場合であっても、追加料金が不要としているところも多いですから、その分費用的に安心であるとも言えるでしょう。

この他にも、色々なメリットがあります。合宿免許を利用する場合は、必ずしも自宅のそばにある所を選ぶ必要はありません。観光を兼ねて遠方にある合宿免許を利用することも可能。ウィンタースポーツやマリンスポーツを楽しんだり、観光スポットを散策しながら免許取得を目指すこともできます。中には、観光スポットまで送迎してくれるような所もあります。

合宿免許について

車社会である今、車の運転免許は取得しておく方が後々便利です。今現在は、すぐに運転する予定が無かったりその必要がない方であっても、交通の便があまり良くないところに転勤になることもあるかもしれませんし、結婚などで引越しすることになることも考えられます。

転勤や引越しが決まった時に自動車学校に通ってももちろん良いのですが、場合によっては時間的に余裕がなく自動車学校に通うのが大変であることも考えられます。仕事を始めると、何かと自分の時間を摂るのが難しくなってくるもの。ですから、可能であれば時間に比較的余裕がある時に免許を取得しておく方が安心なのです。また、仕事で運転が必要になることもあるかもしれません。ですから、やはり早めに取得して置いた方が良いと言えそうです。

大学在学中に免許取得を考えている方は、合宿免許はいかがでしょうか?合宿免許とは、その名前の通り合宿(宿泊しながら)して集中的に学び練習し、免許取得を目指すと言った方法です。合宿免許は、泊まり込みで学ぶことになる為、それが可能な方でなければ申し込みが難しく、学生であれば夏休みや春休みなどを利用して免許取得ができますので多くの方がこの方法を選んでいるのです。

また、年齢制限を設けているところも多いので、検討している方は早めに申し込むことをお勧めします。当サイトでは、合宿免許について紹介します。長く休みが摂れる方で免許が欲し方は是非参考にしてみてください。